子供たちに癒される

子供たちの成長を見守れると共に、子供たちから癒やされながら仕事ができるというのも保育士のメリットでしょう。日頃仕事をしていればついストレスが溜まったり、いらいらしがちになったりしてしまうことも。しかし子供たちと一緒に泣いたり笑ったりしながら過ごすことはあなたの精神衛生上もとてもよいことといえるのではないでしょうか。大人たちと大人の時間を過ごすことももちろん大切ですが、子供たちと素直でやさしい時間を過ごすこともまた、保育士にとっては欠かせないことです。

子供たちはまた、大人が到底気づかないことや忘れていたことを思い出させてくれます。大人になれば草木を見て感動したり、食べものにいちいち美味しいまずいと感動したりすることも少なくなりますが、子供たちはそれが日常茶飯事。いつのまにか大人たちが見なくなってしまったことでも、子供たちはしっかりと見ています。子供たちと同じように日々の小さなことに目を向けることは、現代の疲れ切った大人たちにとっても大切なことでしょう。目まぐるしく企業で働いていた人々は、もしかすると保育士になることで忘れていたことを取り戻すことができたり、自分を見つめなおすよいきっかけになったりすることもあるかもしれません。

Copyright©2017 保育士のやりがいを知ろう All Rights Reserved.